やつはしブログ

やつはしブログ

自分らしく生きるヒントを研究しています。自己哲学プラスα趣味もろもろ。

酔った勢いで電話しちゃう自分を許したい

f:id:ya2hashi:20190228234913j:image

↑リアルな私のトーク画面です。

 

酔った勢いで電話をかけちゃうことってありますよね?

私はあります。

というか、お酒を飲むとほぼ例外なく誰かに電話かけます。

友人たちよ、スマン……

 

 

自分で飲んでるくせに、この酔い方が本当に嫌いでした。今でも嫌いです。

しかし!このコンプレックスを解消する考え方を見つけましたので、ご紹介します!

 

 

(この話を音声で聴きたい方はこちら!)

OL哲学 第113回 【大迷惑】酔ったら鬼電しちゃう話を聞いてください…【土下座】 - 【OL哲学】 - Radiotalk(ラジオトーク)

 

酔って電話をする罪悪感

f:id:ya2hashi:20190228235557j:image

 

 

 

酔うと何度も電話をしてしまいます。

タチが悪いのが、同じ人に何度もかけてしまうんです。本当にごめんよ、、、

 

目が覚めて、何度後悔したか分かりません!ジョジョの奇妙な冒険

君は今まで食べたパンの枚数を覚えているか?

という名言がありますが、私の場合は今までかけた電話も、かけた人も、全然思い出せません。無自覚です。(最低だ…)

 

 

人に絡んで迷惑ばかりかける自分に対して大きな罪悪感を抱いていました。

個人的には、電話をしてしまうことそのものよりも、この罪悪感の方がずっと辛かったです。

 

酔った自分も、飲みすぎる自分も本当に嫌いでした。

 

罪悪感から脱する方法

 

そんな罪悪感から脱する方法を思いつきました。

それは、二村ヒトシさんの『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』という本に教えてもらいました。

 

 

ここに書いてあったエピソードで、とても好きなものがあります。

 

摂食障害ですぐ吐いてしまう女性が、SMの女王様という職業について、マゾの男性の中に「女性からゲロを吐きかけられて興奮する」人たちの存在を知ることで

「食べたら吐いちゃう自分」に罪悪感を持たなくなったそうです。

 

「他人から感謝されていることに気付く」という例です。

これはかなり極端な例ですが、この女性のように、私は「飲んだら電話しちゃう自分」にかなり罪悪感を持っています。

 

なので、この女性の話をなぞって、私も

「酔った女性から鬼電されて喜ぶ人たち」を想像してみました。

 

 

 

 

鬼電も感謝されてるかも!?

 

 

電話しちゃった相手に対して

「どうせ私から電話来て嬉しいんでしょ?感謝してるんでしょ?」

と見下すわけではありません。

 

 

私から酔いどれ電話が来て、

も〜めんどくさいな〜(でも本当は嬉しい)

とニヤついてる人を想像するんです。

 

そうすることで、私はわりと罪悪感から脱しました。

 

反省も後悔もあるけど、

自分に対して罪悪感や劣等感を持っていること自体が、周りの人に迷惑であるということを肝に命じて

自分のダメなところも受け入れていきたいと思います。

 

 

以上、やつはしでした。

バイバーイ!

 

◇◆ツイッターはこちら◆◇

やつはし💋 (@yatsuhashi888) on Twitter

 

◇◆ラジオはこちら◆◇

【OL哲学】 - Radiotalk(ラジオトーク)