やつはしブログ

やつはしブログ

自分らしく生きるヒントを研究しています。自己哲学プラスα趣味もろもろ。

惚れっぽくならない方法

この記事をラジオで聞きたい方はこちら!

OL哲学 第107回 惚れっぽい女に要注意…男もね! - 【OL哲学】 - Radiotalk(ラジオトーク)

 

 

多分みんなとっくに気づいてて、

私だけが知らなかったんだろうなと。

そんな当たり前のことに気づきました。

 

それは「感謝」と「好意」はとても近い感情である、ということです。

 

 

 

惚れっぽい女には憧れない

 

惚れっぽい人っています。

すぐに人を好きになります。

 

好きになるのって、場合によっては支配したいみたいな独占欲とか、相手の反応に一喜一憂してしまって振り回されるような、疲れた感情になります。


恋多き女もいいですが、

私が、かっこいいな!と思うのは、ただそこに凛といる、ただそれだけの女性です。

誰にも振り回されない女性に憧れます!

 

f:id:ya2hashi:20190220233742j:image

ジブリにはそんな感じのいい女が多い気がする♡

 

ちょっと優しくされただけで、

「どこにもいかないで!私だけを見て!悪いところあったら直すから!」

って言う女の子って、あんまり大人とは言い難い。

でも現実って割とそういうことが起きてる気がするんです。

 

それでも恋に落ちてしまう人へ

f:id:ya2hashi:20190220234344j:image

 

そうは言っても、恋はするものではなく落ちるもの💘

っていう説があると思うんですけど。

 

どこに落ちてるかわからない落とし穴のようなものではなくて、

「これならどうやって扱えばいいか分かる!」みたいに、好意をわかりやすく表せないかなーと考えていました。

 

 

 

そこで気づいたんです。

優しくされて「この人 好き」ってなるのと

優しくそれて「本当にありがとう」って思うのはグラデーションの中にある。

 


多分、想像を超える何かを与えてもらった時の「ありがとう」は、好き、に転じやすいと思う。

 

 

 

だからね、逆に言えば

全ての人に、広く、薄く感謝をすれば

特定の人にコロコロと落ちるような、惚れっぽくならないはずなんです。

 

 

過剰な感謝は自信の無さが原因


優しくしてもらったり認めてもらっても、

「こんなゴミな私を見てくれてありがとう」みたいにね、すぐに大感謝際をせず

冷たくされたり拒まれても

「せっかく優しくしてやったのに…必ず100倍返しで復讐する」などと恨まない。

 

優しくされても冷たくされても、冷静でいる。

多分惚れっぽくなってる時は、ここで冷静になれないんだと思うんです。すぐ舞い上がる。

 


問題は、どうやって冷静でいるか、なんですよね。

それはもう自分に絶対的価値を持つしかないと思います。

 

絶対的価値っていうのは、周りの状況で揺らがない価値のことです。

例えば千円札は、道に転がってても、ピン札でも、千円分の価値があります。

 

きれいな千円だとたくさん物が買えて、

汚い千円だと10円分のものしか買えない、とか無いですよね。これが絶対的価値です。

 


こんな風に、誰に優しくされて、誰から冷たくされてようが、関係ない価値が私にはある!と認識できれば、

誰から優しくされたり冷たくされても、感謝しすぎたり恨みすぎたりしないと思います。

 

 

 

健全な自信を手に入れよう

f:id:ya2hashi:20190220234939j:image


振り回されずにいられる「絶対的価値」があることを認識できたらいいですね。

そしたら大袈裟すぎる大感謝祭も、軽率な復讐劇も起こらず、好きになりすぎない。

 

周り関係なく、自分にはある程度の価値があると認めることで

恋多き女を卒業しましょう。

 

◇◆ツイッターはこちら◆◇

やつはし💋 (@yatsuhashi888) on Twitter

 

◇◆ラジオはこちら◆◇

【OL哲学】 - Radiotalk(ラジオトーク)