やつはしブログ

やつはしブログ

自分らしく生きるヒントを研究しています。自己哲学プラスα趣味もろもろ。

テラスハウスゆいちゃんの話をしよう

テラハゆいちゃんの話【やつチャンネル】

 

f:id:ya2hashi:20190126223152j:image

 

テラスハウスの田中ゆいさんを見ていて、

非常に色々と考えさせられまして。

 


結論から言うと「安全圏にしがみつくプライド」って感想。

半笑いで「お説教?お説教ですか?www」という様子に、自分を重ねて自己嫌悪な話です。

 


元動画はこちら

【43rd WEEK】優衣「私たち恋愛はじまっちゃうかも…」理生と真夜中のプレイルーム - YouTube

 

 

 

見てない人のために20秒くらいでざっくり説明します。

ゆいちゃんこと田中ゆいさん、テラスハウスというシェアハウスに住む、22歳の女子大生。

 

恋愛経験は無し、純粋で乙女な一面を持ちながら、本編では、他人に対してマウントを取りがちな部分が多く放送されている感じの子です。

他人を責め立てているシーンが多い印象を受ける、そんな22歳女子大生ゆいちゃん。

 

 

 

そんなゆいちゃんの、とあるシーンでの言動を取り上げていきたい。

本編ではなくYouTubeにアップされている、いわゆる「未公開シーン動画」

 

これを見たときに「まじ…でか…氷のようなプライド…」と思いました。

 

 


シェアハウスのメンバー・まさおさん、31歳の男性 ゲスの極み乙女のベースの方と、ゆいちゃんのが2人で話すシーンです。

 

f:id:ya2hashi:20190126223547j:image

まさおさん

 

f:id:ya2hashi:20190126223556j:image

ゆいちゃん

 

 


31歳のおじさんと22歳うら若き女子大生がまったり話しているわけで、

おじさんから恋話を持ちかけます。

 


「恋愛どう?進展させる気ーとか、どう?」

「え、お説教ですか?お説教ですか?」

 

ストップストップストップー!

 


お説教じゃない。

聞いてるだけ。

なのに自分の立場がなんか脅かされる危険を察知した瞬間のこの立ち回りが本当に怖い!

 


なにが怖いかって、

自分もそんな節があるから!!!!

ゆいちゃんを人格攻撃する気はありません。

なぜなら自分を見ているようだから。

 

f:id:ya2hashi:20190126223640j:image

こんなかんじで話してるよ。

 

動画見てもらえればわかるんですが、半笑いで「お説教?お説教?」と、

お説教かっこわらいのテンション

 

説教とか、学校の先生ですかダサいよそういうの、あなたもしかして尾崎豊を卒業まで支配してた側の人間ですか?まさかねぇ!

 

みたいなテンションで、

恋話を持ちかけてきたまさおさんを完全に「ダサい人」のポジションに持っていこうとする

 

まさおさんが続けて

「シェアハウスのメンバーでそういう対象の人とかー、気になるじゃん?」

と言うと、すかさず


「どうするんですかー?それでまさおさんですって言ったら笑笑」

と、またまさおさんを馬鹿にするような発言…



そこまでして、恋愛話を突いてくる相手を、話が始まる前に「後先考えてないヤツポジション」に持って行っておきたいですか?


聞いてきた側が「おかしいヤツ」ポジションにいれば、なにを答えたってこっちが正しい側にいられるもん。

 

 


私にもそういうところあるー!!!

私自身の話「あなたは間違ってる」って言われることに恐怖がある

だから、間違った自分を晒すことがないポジションを、会話の前に整えておく

本当によくやる。恥ずかしいけど。

 

 

ここで、プライドについて考えてみたんですけど。


プライドがあることの1番の弊害は、

誰かや何かに依存しやすくなることだと思います。

 


プライド高いとはいえ、いつまでも肩肘張っていられない。

そんな氷のようなプライドをうまく溶かしてくれる人、忘れさせてくれるものに、すごく依存してしまう。

 

恋人、お酒、とにかく不健康な心の状態になる。これが一番、プライドが高い人の損するところというか、苦労するところだと思うんです。

 


学ぶことがあるとすれば、

間違った自分を、勇気を持って晒そうと思います。

それができる人の前で少しずつしていって、

すこーしずつ、他人の目に間違ってたり恥ずかしい状態の自分を晒していくことで、プライドが弱まっていくのではないか?と。

 

仕事で、何度も言われてるのにまだわからないことを素直に聞くとか、そういう小さなところからね、始めようと思います。

 

 

 

 

以上、やつはしでした。

バイバイ!