やつはしブログ

やつはしブログ

2018年度中に、天職に転職するべく日々前に進むブログ。

台湾マンゴーかき氷「冰讃」[ピンザン] が噂どおり美味しかった!【2018年6月〜】

 

台湾の定番スイーツ、マンゴーかき氷。
今回は、その中でも地元の人が支持するかき氷店ナンバーワン冰讃[ピンザン] というお店に行って来たので紹介します!

 

 

 

アクセス良好◎

冰讃[ピンザン] の最寄りは、MRT双蓮駅。

双連駅から徒歩5分以内に行けます。

道のアップダウンもなく路地を通る必要もありません。

Googleマップで道順さえわかれば、余裕で到着できます。

 

注意点はこのローカルすぎる外見!

f:id:ya2hashi:20180718012359j:image

知らなければ見逃してしまいそうなくらい、色あせた店構えです。

最初、入るときは「本当にここに観光客来るの…!?」とビビりました。

 

ちなみに。私は宿泊したホテルであるアンバサダーホテル台北から歩いて行きましたが、このホテルからも徒歩5分程度で到着できました。

 

 

注文はポケベル式でスムーズ

 

注文→ポケベルをもらう→座席で待つ→ベルがなったら取りに行く という流れ。

 

店員は日本語が話せませんがらメニューに日本語があり、写真もあるので問題なく注文できます。

かき氷の他にスムージーもありました。

 

 

氷もマンゴーも美味しくて最高

 

f:id:ya2hashi:20180718013022j:image

こちらは1番定番の「芒果雪花冰」。

いわゆる普通のマンゴーかき氷です。

(たしか約400NTD、日本円で1,200円くらいだったと思います。)

 

このローカル感溢れるテーブルクロス笑

お皿は一般的なカレーライスくらいの大きさ(?)で、写真のスプーンもデザート用ではなくカレー用の大きなスプーンです。  

 

氷はふわふわで、ガリガリした食感が全くなく、なめらかなアイスのよう。

一瞬で溶けるマンゴーアイスwithマンゴー果肉って感じでした!!

 

番外編 少食向けガイド

食べきれなさそうな人は2人で1個がオススメです。私はそうしました。

しかし何しろ暑い国なので、気持ちとしては氷をガツガツ食べたくなります。地元の人でシェアしてる人はいませんでした。少食の人でも氷部分なら1こ食べきれるかも。

 

しかしマンゴーは別。大量に乗っており、あまり量が食べられない人はこれを全部食べるのはキツイです。

桃を1こ丸ごと食べるくらいの、ボリュームとがっつりした生の果肉感があります。

生のフルーツを食べすぎるとお腹を壊す方も要注意です!

 

 

ザ・地元の名店!

 

席数は30席もないし、注文するレジとかき氷受け取るカウンターと座席スペースがかなり近い、というか普通に狭い!

 

店員も2、3人で切り盛りしている、本当に地元感あふれるお店でした。

客層は、1人で食べに来てる人が多かったかな?時間にもよりますが、16時ごろはワイワイ騒ぐ学生などは居ませんでした。大人が無心でかき氷を食べる空間。

 

私(2人組)が入ったとき席がなくて、相席しようとしたら、お一人様だったお兄さんがサッとテーブルを譲ってくれました。良い人…!

 

 

総合評価★5つ

 

アクセス ★★★★★

店清潔感 ★★☆☆☆

おいしさ ★★★★★★…★(限界突破)

 

見た目はローカル感ありすぎて、正直最初は「ここ大丈夫かな…」と思いましたが、そんなものは凌駕するおいしさ!!!!感動しました。

お店の静かな雰囲気も好きでしたね〜。地元の人がかき氷を食べる、日常的な風景。その中に入れて嬉しかったです。

 

そして、とにかく主張したい。

日本の伝統的なかき氷とは全く違う、氷を使ったアイスクリーム!

普通にフルーツとして最高美味しいマンゴー!

 

両方最高なので、是非食べてほしいです!!

ちなみに私は今回の旅でマンゴーかき氷の虜になりました。

 

ではまた、明日からもしばらく台湾紹介したいと思います!