やつはしブログ

インスパイア・ブログ

あなたのモヤモヤにぴったりの解消のコツ、あります。

【体験談】同僚の仕事を手伝わない人の考え方。

 

今まで、

「仕事はチームで行うものだから、作業負荷は平等にして、みんなで助け合ってゴールしよう!」

と思っていましたが、最近考えが変わりました。

 

チームがどんな状況であれ、疲れてる時は

同僚の仕事なんて手伝いたくな〜い!!!!!

家に帰りたい♡

 

 

 

という感情を優先し、最近は同僚が辛そうでも無視して定時退社しています。

(実際は1時間弱ほど残業しちゃうときもある…まだまだ意志が弱いですね(´・ω・`)

 

 

私が忙しい同僚を手伝わない理由。それは

忙しい同僚は、わざわざ好き好んで忙しくなっているに違いないから

です!!!

 

 

 

残業しすぎの後輩

f:id:ya2hashi:20180609234737j:image

 

 

ここ2週間ほど明らかに残業しすぎている後輩がおり、さすがに心配になりました。

 

後輩の様子を伺うと、許容量をはるかに超えた仕事を溜め込んでいました。

当然手伝って欲しいだろうと思い、自分から声をかけました。

 

すると「大丈夫ッス!」の一点張り。

しつこくヘルプを申し出ていると、やっと向こうの方から「じゃあ…」と言い出したかと思えば

「もう少しやばくなったら言います」「手伝って欲し…いや、やっぱイイっす」

など、謎の思わせぶりな態度。意味がわかりません。

 

 

後輩を観察してみると、

  • スケジュールが後ろ倒しになり、後続の作業に迷惑をかけている
  • 自分がピンチな状況であると自覚している
  • にも関わらず、誰にも相談しない
  • 時間短縮できる手段も探さない
  • ただただ時間をかけて仕事を進めている

といった感じでした。

そして私のヘルプの申し出も断っている…

 

 

そんな後輩を見て、最終的に

彼は残業が好きなんだ。

膨大な仕事を好んでこなしているんだ。

と思うようになりました。

 

 

 

極端な考え方でしょうか?

しかし、もし彼が「残業時間の分だけ減給されるシステム」で働いていたらどうするでしょうか?おそらく、早く帰るために、死にものぐるいで仕事を調整すると思います。

 

本当に早く帰りたいなら、すでに手を打っていると思うんです。

それをしていないということは、

残業&膨大な仕事<<<謎のメリット

となっているんだと思います。彼は、何かしらのメリットを得ているんです。

 

 

例えばそのメリットは、

人に仕事を頼む煩わしさを感じないで済むことだったり、残業することで「出来る俺」を感じられるだったり、

わたしには想像もつきませんが、そんなところでしょうか。

 

 

とにかく、残りたくて残ってる人を、帰りたい人が手伝う必要はありません。

ということで、遠慮なく退社しています。

 

 

 

f:id:ya2hashi:20180610000450j:image

 

 

ちなみに。

あくまでも「帰りたい」という感情に従っているまでですので、面白い仕事がもらえそうだったり、相手次第で手伝いたくなった場合は手伝います。

 

本当は手伝いたくないのにムリして手伝う、ということをしていないのです。

断固・手伝わない!というわけではありません。

 

 

 

ということで、引き続き後輩を放置していきたいと思います。

以上やつはしでした。