やつはしブログ

インスパイア・ブログ

あなたのモヤモヤにぴったりの解消のコツ、あります。

会話のテンポが遅い人に対して、マシンガントーク人間が思っていること

私はマシンガントーク人間です

 

こんばんは。やつはしです。

今日は会話のテンポが遅い人に向けて、書いていきます。

 

やつはしは、超おしゃべり好き。

早口に加えて、思いついたことを言わずにはいられない性分なので、まさにマシンガントーク

 f:id:ya2hashi:20171211234024j:image

ペラペラペラペラ 

 

中高時代は特に症状がひどく、二、三時間の長電話は日常茶飯事。

たまに会う親戚には延々と近況報告をしていたせいか、「あの子は捕まると後が長い」と言われるようになりました…

 

スロースピーカーさんに憧れる

 

テンポもゆっくりで、言葉数も少ない。話しても短い。

そんなスロースピーカーさんに「カッコイイ!」と憧れています!

 

・話す回数が少ないから貴重がられて、周りの聞く態度が良くなる

・会議などの場では「せっかく意見出してくれたし」と採用されがち

・なんか大物っぽくて羨ましい

 

など、色んな理由でカッコ良く感じます。

ですが、これらを差し置いて1番気になることがあります。声を大にして言いたい。それは…

 

 

 

こちらのテンポに合わせなくていいよ!!!!

 

ということです!!

 

遅くても何とも思わないよ、レジじゃないんだから。

 

 

過去に、ゆっくりテンポな人たちにこんなことを言われたことがあります。

「反応が薄くてすみません」

「ついていけなくて申し訳ない」

正直、そんなこと思う必要全くありません。

それどころか気を遣われる方が苦しいのです。

 

我々のような早口タイプは、本能のままに喋るからマシンガントークなのです。

テンポが早い人は発言数が多くなり、それだけでも何となく優位なポジションになったりします。だからこそ、本能のままに話せるのです。

 

その一方で、ゆっくり派の人たちに気を遣われると、こちらこそ申し訳ない!

というか我々が好き勝手やりづらくなるのです!!(正直)

自分が楽しいからって、相手に苦しい顔されるのはキツイです。イジめたくてマシンガントークしてるんじゃないんです。

どうか、気を遣わないで、自然体でいて…!!

 

コミュニケーションの楽しさにテンポは関係ない

 

どんなペースであっても、「この人と仲良くなろう」「良い関係を築こう」という気持ちを持って接していれば、必ず相手に伝わります。

 

前述した「反応が薄くてすみません」といってきた子は後輩ですが、その子に対して

「あなたなりに仲良くしようとして、こちらに近づいてくれてるの伝わってるよ。反応薄いなんて思わないよ。いつもありがとう」

と告げたところ、とても感動してもらえました。

 

実際、数少ない言葉や一緒にいる時の立ち振る舞いで、私への好意を示してくれていました。

なので私もそれに応えて、相手の言葉を待ったり、マシンガントークも受け止めてもらいながら会話を楽しみました。

 

テンポよりも大事なもの、それは

 

「この人との会話を楽しみたい!」という思いをお互いが持ってることだと思います。

その気持ちさえ持てれば、あとは堂々と自分のペースで話して下さい。テンポ関係ないんですから、気にする余地ないですね!

相手も楽に話せて、2人とも楽しめるはずです。

 

以上、マシンガントークやつはしでした。